09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2014-01-01 (Wed)
ブログお引越しいたしました。

占いや旅行記、また日常の出来事等綴っています。

よろしかったら遊びにいらして下さいね。

http://profile.ameba.jp/shanti-pingan2871/
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-22 (Tue)
Ring of fire


昨日 5月21日は世紀の天体ショー金環日食でした。

私も仕事として 写真は撮っていないものの やはり大学で勉強した意地があります。

前日に撮影場所・・・と言っても自宅のベランダですが・・・で時間も本番と同じにして

太陽の軌道の確認と欠けない時の露出の大体の確認をしました。

撮影用の円形にカットしてあるフィルターは何処へ行っても完売(^_^メ)

四角いフィルターはやっと見つけましたが カメラのレンズに取り付けるテクニカルホルダーは完売。

理屈では 手でレンズの前に持っていれば 撮影は出来なくは有りません。

でも何回もシャッターをきるのに いちいち フィルターなんて持っていられません。

学生時代に使用していた「テクニカルホルダー」を机の引き出しに仕舞ってあるのを思い出しました。

これで準備OK!


ring of fire

ちょっと薄い雲が金環の直前に出始めましたが 無事 観測が出来ました。


金環の真っただ中では 相当 暗くなりましたね。

光量の変化が大きく 操作をしなくては露出不足でした。

金環終了後 天気があまり良くなくなって オマケにカメラがオーバーワークになったのか

ウンでもスンでもなくなったので 終了しました。


kinkan_edited-1_2.jpg

金環の頃から雲が出て来た事が分かりますよね。




占い的には 日食はあまり良くないと されているようです。

まぁ おかしな事故が多発していたり そう 言えなくも無いかも知れませんが

言い出したらキリがありません。

次回の東京で金環日食が見られるのは およそ300年後。

私等の何代後の子孫が見るのでしょうね?

地球はどうなっているんでしょうね?


そうそう・・・今朝のNHKニュースで アメリカでは金環日食の事を

Ring of fire


と言うそうです。

雲がかかってしまうと あまりfireって感じは有りませんけどね(^_^;)

オーストラリアでは 皆既日食が11月に拝めるそうですよ。

特典航空券で行こうかと思ったら空席は有りませんでした(^^ゞ
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-02 (Wed)
Facebookのお蔭で 大学時代一緒に勉強した友達が3人見つかりました。
そのなかの一人Oさんに昨日再会する事が出来ました。

お仲間と展覧会を開催されていたのでお邪魔させて頂きました。
とても立派な写真家になっていました。
嬉しいですよね。

学生時代から熱心に作品作りに取り組んでいて
私も良く拝見させて頂いていたので
例え作品にOさんの名前が無くても ご本人の作品は判ると思います。

ほぼ30年ぶりなので 他の友達の様子も聞く事が出来ました。
一つの事をやり続ける・・・と言う事は言うのは簡単ですが
強い意志がなくては出来ないと思います。
私なんて適当な性格なのでしょうね。
いろいろな事に手を出してしまう・・・
結局「器用貧乏」ってヤツだと思います。

私は企業の社員では無いので「定年」はありません。
動けるうちは・・・また頭が働くうちは・・・
仕事をしたいと思っています。

以前のグログで 算命学で言う「才能」は
「好きこそものの上手なれ」だと書きました。
私 一体何を一番やりたいのだろう・・・?
世の中には仕事を数種類平衡してやっている人も沢山いらっしゃいます。
でも自分に そんな能力があるのだろうか・・・と言う疑問が湧いてしまいました。

その日のランチは展覧会のアトリエ付近で頂きました。

P5010358_1.jpg


パスタランチ¥1260

トマトソースのお味がとても繊細で美味しかったしお皿もステキ!

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-04-07 (Sat)
厳しい冬でしたが やっと春めいて来ましたね。

この春は東京に居たので 桜を愛でに行って来ました。

と言っても近場ですけどね。

JR駒込駅近くの六義園です。

ソメイヨシノはまだまだでしたが

枝垂桜は満開。

P4050360_1.jpg

枝垂桜もきれいなものですね。

桜の花びらをアップで撮ると全体が春色になって 私は大好きです。

DCF00039_2.jpg

この日は風が強く 踊る枝がとても春っぽく感じられました。

桜が散るのは寂しい感じもしますが

儚さを好む日本人には美しく映るのかも知れません。

P4050374_1.jpg



今日 明日と東京は満開の状態の様です。

まだご覧になっていない方は是非どうぞ。

日本人の心・・・それが桜ですかね。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-03-25 (Sun)
国公立の後期受験も終わり 来週から新しい年度がスタートする。

大学受験は誰にとっても 人生の最大イベント・・・なんだろうと思う。

私は某女子高で黙っていても素行が悪くなければ

大学の付属高校なので 何処かの学部には進学出来る。

でも 希望した学科が女子大には存在せず

暗黒の(?)短大生活。

オマケに私の学年から多摩地区のド田舎にキャンパスが引っ越し

休講になっても 喫茶店もなく 畑の中の一軒家と言う感じの校舎で

ただ 単に時間の過ぎるのを待っているだけだった。

その時代 打ち込めたのが中2からナントなく始めた写真。

写真部で沢山の写真を撮っていた。


卒業の年の文化祭での出来事。

「静中動あり」と言う文化祭のテーマで作品を募集していたので応募。

大学から賞を頂いた。

その他の作品にもソラリゼーションや多重露光の作品を展示。

その時 訪れて下さったのが「日本大学芸術学部写真学科」の学生さん数名。

私の作品へのコメント等意気投合!

そして日大に写真の勉強が出来る「大学」としての学部がある事を初めて知った。

もう それからと言う物は

ただ「日芸の写真学科に行きたい」それのみを考えていた。

試験日は来年の2月、今は11月・・・勉強期間は3か月弱・・・

無理だ!と思った。でもどうしても日芸に行きたい(-"-)

暫く考えたが受験を決意!

受験勉強をするなんて 夢にも思わなかった。

中学の受験以来だし 何のノウハウも無い。

受験科目は国語と英語 そして面接。

受験勉強の仕方がわからないから

取り敢えず国語は漢字と熟語、英語は単語と熟語、基本的な書き換え問題。

英語の長文読解なんて生まれてこの方一度もやったことがなかった。

私の中にあったのは日芸への熱い思いだけ(?)

「行きたい」と言う4文字だけだった。


試験終了後 自信がなかったので

発表は見に行く気分ではなかった。情けない話だが・・・

翌日 日芸から厚ぼったい封書が来た。

あまりに厚いので 出来なかった試験の答案でも入ってるのかなぁと思い開封。

合格通知だった。まさか合格できるとは思っていなかった。

合格は嬉しいものだ。


現在 娘は高2になるところ。

都立の進学重点校なので受験についての話を保護者の私も聞きに行った。

あまりにも万全な受験体制。

それに反してあまりにもズサンな私の受験体験(・。・;

娘の学校の話を聞いていたら受験を諦めていたと思う。

でも大事なのはやはり本人の心構え。

行きたい大学なり学部への「思い」なのだと 今 改めて思う。

私は短大時代 完全に日芸写真学科に恋をして

只管 一緒に暮らせる日(入学する日)を夢見て

自己流の極みのような受験勉強をした。

相手が人間の異性であれば 相手にも「好み」があるが

大学には それが無い。

熱愛すればする程 合格は近づくはず。

受験の必勝法は その大学への「熱愛」だと今は確信している。

娘にも そんな大学を見つけて欲しい。



* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。