06≪ 2018/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-10-21 (Thu)
いやな事があると 人間 自分はなんと悪い運命の元に生まれたんだろう・・・

なんて悲劇のヒーローorヒロインみたいに思いますよね?

(中には そんな事まるっきり考えない人もいらっしゃるかも・・・(^_^;))


今日は 私の傍に居るそんな人のお話です。


仮に彼女をKさんと呼びます。

Kさんは比較的裕福な家に生まれ 自分の思う通りに育ちました。

全て・・とは言わないまでも欲しい物は手に入れ

勝手に自分で契約をして大きな買い物もしていました。

そして頭金を作れない時は御両親に泣きついて支払ってもらっていました。

やがてご両親の反対を押し切って結婚。

そして離婚。

やがて妻子ある男性と同居を始め

転落の人生へ。

その男性とも別れた後はアルコール依存症に。

過ぎたアルコールの摂取でやがて肝臓・膵臓・胆嚢etc

あちこち悪くなり体も不自由になってしまいました。

そして口を開けば

「私みたいな不幸な人は居ない」です。

Kさんの生年月日を見て見ますと

決して悪い人生ではありませんでした。

でも人生の「頑張り所」の時期を

只管 親にすがり自ら努力をしなかった事で

開花するはずの人生を枯らせてしまったのです。


Kさんの命式をみたら 現在の状態を言い当てるのは難しいと思います。

「合」と言って人生を発展させる組合せが適当にあって「散」と言う人生を生き難くする組合せが無いのです。

「散」ばかりの私から見れば「羨ましい限り」・・・


占いは「命式」だけでは人生を読み取る事は出来ません。

チャンスの時期を掴み その時期に辛くても「開花」させなくては占う意味がありません。

私は自分の事も含めて もっと早い時期に「占い」に出会えば良かったと思っています。

そして「前向き」な人生を過ごして頂ける様にアドバイスするのが「占い師」に仕事だと思っています。
スポンサーサイト
* Category : 占い
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。