FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-25 (Sun)
国公立の後期受験も終わり 来週から新しい年度がスタートする。

大学受験は誰にとっても 人生の最大イベント・・・なんだろうと思う。

私は某女子高で黙っていても素行が悪くなければ

大学の付属高校なので 何処かの学部には進学出来る。

でも 希望した学科が女子大には存在せず

暗黒の(?)短大生活。

オマケに私の学年から多摩地区のド田舎にキャンパスが引っ越し

休講になっても 喫茶店もなく 畑の中の一軒家と言う感じの校舎で

ただ 単に時間の過ぎるのを待っているだけだった。

その時代 打ち込めたのが中2からナントなく始めた写真。

写真部で沢山の写真を撮っていた。


卒業の年の文化祭での出来事。

「静中動あり」と言う文化祭のテーマで作品を募集していたので応募。

大学から賞を頂いた。

その他の作品にもソラリゼーションや多重露光の作品を展示。

その時 訪れて下さったのが「日本大学芸術学部写真学科」の学生さん数名。

私の作品へのコメント等意気投合!

そして日大に写真の勉強が出来る「大学」としての学部がある事を初めて知った。

もう それからと言う物は

ただ「日芸の写真学科に行きたい」それのみを考えていた。

試験日は来年の2月、今は11月・・・勉強期間は3か月弱・・・

無理だ!と思った。でもどうしても日芸に行きたい(-"-)

暫く考えたが受験を決意!

受験勉強をするなんて 夢にも思わなかった。

中学の受験以来だし 何のノウハウも無い。

受験科目は国語と英語 そして面接。

受験勉強の仕方がわからないから

取り敢えず国語は漢字と熟語、英語は単語と熟語、基本的な書き換え問題。

英語の長文読解なんて生まれてこの方一度もやったことがなかった。

私の中にあったのは日芸への熱い思いだけ(?)

「行きたい」と言う4文字だけだった。


試験終了後 自信がなかったので

発表は見に行く気分ではなかった。情けない話だが・・・

翌日 日芸から厚ぼったい封書が来た。

あまりに厚いので 出来なかった試験の答案でも入ってるのかなぁと思い開封。

合格通知だった。まさか合格できるとは思っていなかった。

合格は嬉しいものだ。


現在 娘は高2になるところ。

都立の進学重点校なので受験についての話を保護者の私も聞きに行った。

あまりにも万全な受験体制。

それに反してあまりにもズサンな私の受験体験(・。・;

娘の学校の話を聞いていたら受験を諦めていたと思う。

でも大事なのはやはり本人の心構え。

行きたい大学なり学部への「思い」なのだと 今 改めて思う。

私は短大時代 完全に日芸写真学科に恋をして

只管 一緒に暮らせる日(入学する日)を夢見て

自己流の極みのような受験勉強をした。

相手が人間の異性であれば 相手にも「好み」があるが

大学には それが無い。

熱愛すればする程 合格は近づくはず。

受験の必勝法は その大学への「熱愛」だと今は確信している。

娘にも そんな大学を見つけて欲しい。



スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。